科目分類専門教育科目 単位数2
時間割コードL421201 履修年次2・3年
授業科目・題目情報経済論 開講学期後期
授業科目・題目(英語)Economics on Computer and Communication 曜日・時限月(1限,2限)
科目コードL421200 選択/必修選択
主担当教員野田 哲夫 履修資格


第2回 知識経済から情報経済へ
授業の概要 情報経済を、国民経済における情報活動=情報産業による生産活動を重視しつつ、情報財と他財との流れ、関連を構造的に解明しようとした理論、およびその源流となったマルクスの再生産表式、レオンティエフの産業連関分析について解説する。

第2回 知識経済から情報経済へ
1、ポラトの情報経済論(1977)
(1)ポラトの情報経済論の構造
(2)ポラトの情報経済論の意義

補論1 再生産表式から産業連関分析へ
(1)社会的総資本の再度生産と流通
(2)再生産表式
(3)再生産表式から産業連関分析へ
(4)産業連関表と産業連関分析
参考文献
松石勝彦編『情報ネットワーク経済論』、青木書店、1996年
Porat, M. U. 小松崎清介監訳『情報経済入門』コンピュータ・エージ社, 1982年
Marx, K., 『資本論』、1863
講義資料
講義レジメ知識経済から情報経済へ(PDFファイル)
質問 nodat*soc.shimane-u.ac.jp *を@に変換 で受け付けます。

戻る