科目分類専門教育科目 単位数2
時間割コードL440302 履修年次2・3年
授業科目・題目情報産業論 開講学期後期
授業科目・題目(英語)Theory of Information Industry 曜日・時限金(3限,4限)
科目コードL440302 選択/必修選択
主担当教員野田 哲夫 履修資格


第13回 情報通信産業の発達と地域産業振興の課題
授業の概要 1 オープンソースとIT産業
(1)クラウドコンピューティングとオープンソース
(2)オープンソースとIT企業:活用と貢献
(3)オープンイノベーションとオープンソース

2 オープンソースと地域産業振興
(1)オープンイノベーションと地域産業
(2)日本のIT企業とオープンソース:活用と貢献
(3)オープンソースの活用と貢献の地域比較
(4)オープンソースを活用した地域産業振興の課題

参考文献
講義資料
講義レジメ情報通信産業の発達と地域産業振興の課題(PDFファイル)

参考論文1日本のIT企業におけるオープンソース・ソフトウェアの活用・開発貢献と企業経営に与える効果に関する研究(『経済科学論集』第40号所収)
参考論文1オープンソース・ソフトウェアの活用と開発貢献における地域性の考察 : 2013年度オープンソース・ソフトウェア(OSS)の活用実態調査報告(『山陰研究』第7号所収)

参考講義情報と地域-オープンソースと地域振興(シラバス参照)

参考資料「Ruby」による地域振興の取組(島根県松江市)(『平成22年版 情報通信白書』より)
参考資料プログラム言語Rubyの松江市−IT文化から産業創造へ (『産学官連携ジャーナル』より)
参考資料島根県と松江市のIT産業振興と人材育成 ―産学官による取り組みとその課題― (『産学官連携ジャーナル』より)

参考ビデオRuby City MATSUE Project のスタート(Ruby City MATSUEプロジェクト活動紹介ビデオ by YouTube)
参考ビデオしまねオープン・ソース・ソフトウェア協議会(しまねオープン・ソース・ソフトウェア協議会活動紹介ビデオ by YouTube)
質問 nodat*soc.shimane-u.ac.jp *を@に変換 で受け付けます。

戻る