科目分類共通教養科目 単位数2
時間割コードGE10010,F041040 履修年次1・2・3年
授業科目・題目情報化社会と経済 開講学期前期
授業科目・題目(英語)Information Oriented Society and Economy 曜日・時限月(7限,8限)
科目コードGE10010,F041040 選択/必修選択
主担当教員野田 哲夫 履修資格


シラバス シラバス参照
授業の内容
2016年7月25日(月) 午後1時更新 課題3追加

第1回〜第3回 情報化社会の見方
1、情報化社会と経済、IT投資と経済成長
講義概要・資料(4/11実施)
2、「情報化社会論」にみる情報化の見方
講義概要・資料(4/18実施)
3、IT革命と情報化=「ニュー・エコノミー論」
講義概要・資料(4/25実施)

第4回〜第7回 IT(情報化)投資と経済成長
4、情報スーパーハイウェイ構想とIT(情報化)投資
講義概要・資料(5/2実施)
5、IT(情報化)投資と資本・経済成長と雇用
講義概要・資料(5/9実施)

5月16日は休講予定

6、1990年代以降の日本経済とIT(情報化)投資
講義概要・資料(5/23実施)
7、ITバブルとその崩壊(2000年代)とIT産業のリストラ
講義概要・資料(5/30実施)

第8回〜第10回 IT革命と現代の情報化社会
8、IT革命とニュービジネス:電子商取引
講義概要・資料(6/6実施)
9、IT革命とニュービジネス:ソーシャルメディア
講義概要・資料(6/13実施)
10、インターネットからIoT(モノのインターネット)へ
講義概要・資料(6/20実施)

課題1(第10回資料61頁の課題3):IoTを活用していると考えられる具体的な事例を調べてみよう。
A4用紙1〜2枚程度に手書きで作成し、7月4日(月)の講義開始時に提出すること。

第11回〜第14回 情報化社会と情報格差、地域経済
11、情報格差(Digital Divide)とその克服(1)
講義概要・資料(6/27実施)
12、情報格差(Digital Divide)とその克服(2)
講義概要・資料(7/4実施予定)
13、情報格差(Digital Divide)とその克服(3)[NEW!]

7月11日の講義は地域でITを活用して情報格差の克服に取り組んで来られ、現在は障がい者の社会参画支援を進めるNPO法人・プロジェクトゆうあいの代表理事を務める三輪利春さんをお招きして特別講義を行います。
プロジェクトゆうあいのページや三輪さんのブログ「としまる日記」を読んでおいてください。

課題2(第12回資料69頁の課題):ITを活用して地域振興に取り組んでいる事例(講義で紹介した事例を除く)を調べてみよう。
A4用紙1〜2枚程度に手書きで作成し、7月25日(月)の講義開始時に提出すること。

14、情報化社会と地域経済(島根県の情報産業振興と課題)
講義概要・資料(7/25実施予定)

課題3:講義で学んだことを活かしながら、島根県・松江市のオープンソース・Rubyを活用した地域産業振興政策の現在の成果や課題を調べてみよう。
A4用紙1〜2枚程度に手書きで作成し、8月1日(月)の講義開始時に提出すること。
[NEW!]

15、情報化社会と地域経済(島根県の情報産業振興と課題)続き
試験の代わりに休講分の講義を実施します。(8/1実施予定)[NEW!]

質問 nodat*soc.shimane-u.ac.jp *を@に変換 で受け付けます。

講義一覧に戻る