科目分類共通教養科目 単位数2
時間割コードGE10010,F041040 履修年次1・2・3年
授業科目・題目情報化社会と経済 開講学期前期
授業科目・題目(英語)Information Oriented Society and Economy 曜日・時限月(7限,8限)
科目コードGE10010,F041040 選択/必修選択
主担当教員野田 哲夫 履修資格


シラバス シラバス参照
授業の内容
2017年8月7日(月) 午前11時40分更新 期末試験解答例掲載

第1回〜第3回 情報化社会の見方
1、情報化社会と経済、IT投資と経済成長
講義概要・資料(4/10実施予定)
2、「情報化社会論」にみる情報化の見方
講義概要・資料(4/17実施予定)
3、IT革命と情報化=「ニュー・エコノミー論」
講義概要・資料(4/24実施予定)

5月1日(月)は休講

第4回〜第7回 IT(情報化)投資と経済成長
4、情報スーパーハイウェイ構想とIT(情報化)投資
講義概要・資料(5/8実施予定)
5、IT(情報化)投資と資本・経済成長と雇用
講義概要・資料(5/15実施予定)
6、1990年代以降の日本経済とIT(情報化)投資
講義概要・資料(5/22実施予定)
7、ITバブルとその崩壊(2000年代)とIT産業のリストラ
講義概要・資料(5/29実施予定)

第8回〜第11回 IT革命と現代の情報化社会
8、IT革命とニュービジネス:電子商取引
講義概要・資料(6/5実施予定)
9、IT革命とニュービジネス:ソーシャルメディア
講義概要・資料(6/12実施予定)
10、インターネットからIoT(モノのインターネット)へ
講義概要・資料(6/19実施予定)
11、AI(人工知能)と産業・雇用
講義概要・資料(6/26実施予定)

課題1:AI(人工知能)による労働の代替、労働の「二極化」が考えられる中で、今後の労働のあり方についての政策・対策を具体的に進めている事例を調べてみよう。
レポート用紙1〜2枚程度。7/10の講義開始時に回収します。

7月3日(月)は休講

第12回〜第15回 情報化社会と情報格差、地域経済

7月10日(月)は第12回、第13回の内容を講義します。

12、情報格差(Digital Divide)とその克服(1)
講義概要・資料(7/10実施予定)
13、情報格差(Digital Divide)とその克服(2)
講義概要・資料(7/10実施予定)
14、情報格差(Digital Divide)とその克服(3)
講義概要・資料(7/24実施予定)
課題2:ITを活用して情報格差、経済格差を克服し、地域振興に取り組んでいる事例(講義や講義情報で紹介した事例を除く)を調べてみよう。
レポート用紙1〜2枚程度。7/31の試験開始時に回収します。

期末試験(7/31実施予定)
期末試験座席表(7/31実施予定)
※試験会場は大学ホールになります。
※各自自分の座席位置を確認して着席してください。
※両端2列は使いません
※最初に課題2を回収しますので準備しておいてください。
※試験は持ち込み一切不可です。

期末試験解答例

質問 nodat*soc.shimane-u.ac.jp *を@に変換 で受け付けます。

講義一覧に戻る