科目分類共通教養科目 単位数2
時間割コードGE10010 履修年次1・2・3年
授業科目・題目情報化社会と経済 開講学期後期
授業科目・題目(英語)Information Oriented Society and Economy 曜日・時限月(7限,8限)
科目コードGE10010 選択/必修選択
主担当教員野田 哲夫 履修資格


第11回 AI(人工知能)と産業・雇用
授業の概要 1、2010年代のIT=AI投資と産業
(1)2010年代のIT:IoT、ビッグデータ、AI
(2)各産業でのAIの活用(AI投資)の進展
(3)機械学習〜ディープラーニング

2、AIと雇用、労働市場の「二極化」とベーシックインカム
(1)AIによる労働の代替
(2)AIによる「定型業務」の解体と労働市場の「二極化」
(3)AIによる技術的失業、ベーシックインカムの可能性

参考文献
人工知能学会『人工知能とは』(近代科学社)
現代思想『人工知能』(青土社)
エリック・ブリニュルフソン他『機械との競争』(日経BP)
エリック・ブリニュルフソン他『ザ・セカンド・マシン・エイジ』(日経BP)
新井紀子『コンピュータが仕事を奪う』(日本経済新聞社)
講義資料
講義レジメAI(人工知能)と産業・雇用(PDFファイル)
講義レジメ補論 AI(人工知能)とIT産業(PDFファイル)
参考資料オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」702業種を徹底調査(原題ビジネスWebページ)
参考資料日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に (野村総合研究所Webページ)
参考資料AI・ロボット活用しないと30年の雇用735万人減 経産省試算(日本経済新聞社Webページ)
参考資料東洋経済ONLINE「IT革命で潤うのは「トップ1%」だけ」(日本経済新聞社Webページ)
質問 nodat*soc.shimane-u.ac.jp *を@に変換 で受け付けます。

戻る