学会大会プログラム概要

2018年 社会情報学会(SSI) 学会大会

 

 

学会大会プログラム(暫定版)

  • 2018年8月1日時点での暫定的なプログラムです。
  • 座長、コメンテータ、および教室の箇所は確定し次第更新します。
  • その他調整中の箇所は確定し次第更新しますので、随時ご確認下さるようお願い致します。
  • 島根大学会場についてはキャンパスマップ(松江)をご確認ください。
  • ※ 島根大学の教職員・学生は参加費無料です。
    ※ 基調講演・大会シンポジウム・Pre-Conferenceワークショップは一般公開(参加費無料)です。
    ※ 詳細は事務局(開催校代表)までお問合せください。

    9月7日 (金)
    15:00-17:00
    (第1会場)海士町中央公民館研修室
    (〒684-0403島根県隠岐郡海士町大字海士1490番地)
    (第2会場)法文学部棟1階地域交流スペース
    Pre-Conferenceワークショップ
    「地域社会情報学へのいざない(島嶼編)」

    司会:河又貴洋(長崎県立大学:九州沖縄支部)
    報告:山内道雄(海士町元町長)又は柏谷猛(海士町役場総務課主査)~調整中
        島根大学研究者~照会中
    コメンテータ:遠藤薫(学習院大学)
    9月8日 (土)
    受付:教養講義棟2号館1階入り口(玄関) (受付開始:09:20〜)
    10:00-12:00
    教養講義棟2号館各教室
    自由論題報告・連携報告・ワークショップ 1
    13:00-14:00
    大学ホール
    基調講演 「AIとプログラミング」
    講演者:まつもとゆきひろ(株式会社ネットワーク応用通信研究所・プログラミング言語Ruby開発者)
    司会:野田哲夫(島根大学)
    14:15-17:15
    大学ホール
    シンポジウム「AIが“媒介”する社会」
    登壇者:
     司会・コーディネーター: 河島茂生氏(青山学院女子短期大学,理化学研究所AIPセンター)
     報告者:
      ・久木田水生氏(名古屋大学)
      ・成原慧氏(九州大学)
      ・反中望氏(リクルートテクノロジーズ)
    17:15-18:10
    大学ホール
    表彰
    18:30-
    法文学部棟2階多目的室(207)
    懇親会
    9月9日 (日)
    受付:法文学部棟1階入り口(玄関) (受付開始:09:00〜)
    09:30-11:30
    法文学部棟各教室
    自由論題報告・連携報告・ワークショップ 2
    13:15-14:00
    法文学部棟2階多目的室(207)
    会員集会
    14:15-16:15
    法文学部棟各教室
    自由論題報告・連携報告・ワークショップ 3
    16:15-
    法文学部棟各教室
    各種委員会
    9月10日 (金)~11日(火)
    隠岐の島町
    エクスカーション企画
    隠岐の島町の離島テレワークの取組を見学


    Pre-Conferenceワークショップ

    9月7日 (金) 15:00-17:00

    WS1 「地域社会情報学へのいざない(島嶼編)」
    (第1会場)海士町中央公民館研修室
    (〒684-0403島根県隠岐郡海士町大字海士1490番地)
    (第2会場)法文学部棟1階地域交流スペース
    司会:河又貴洋(長崎県立大学:九州沖縄支部)
    概要
    海士町の地域創生にみる社会情報学的視座
    “ないものはない”島のコミュニティ再生
    報告:山内道雄(海士町元町長)又は柏谷猛(海士町役場総務課主査)~調整中
       島根大学研究者~照会中
    コメンテータ:遠藤薫(学習院大学)

    自由論題報告・連携報告・ワークショップ

    9月8日 (土) 10:00-12:00

    教養講義棟2号館各教室
    WS2 :「メディア・移民・ナショナリズムの興隆」を考える
    平田(群馬大)・岩井(群馬大)・西田(東工大)
    連携報告:オープンデータ・オープンガバメント1
    遠藤(名古屋大)・庄司(国際大)・青木・吉田
    セッション:コミュニティと情報
    「新しい産業集積に関する議論」から見たRuby City MATSUEプロジェクト 田中(島根大)
    ITを活用した地域包括ケアシステムの検討 王(島根大)
    地域子育て支援のための子育て情報の整備とその活用 福安(名古屋大)
    地域メディアと住民との連携の意義と課題 牛山(目白大)
    セッション:数理・データ解析1
    ビッグデータ時代の経済ゲーム実験: クラウドソーシングを用いた大規模公共財ゲーム実験の実施 後藤(多摩大)
    国際的な人的交流と経済活動に関する分析 小西(東大)
    ソーシャルリスニングによる国政選挙の研究 五藤(九産大)
    セッション:メディア・情報行動1
    大都市から地方への移住者の地域イメージに関する研究 荒川(東大)
    文化および芸術の社会科学的側面と情報処理技術に伴う可能性 原(東大)
    メディアの効用認識と「幸福な老い」の関連 小寺(東洋英和大)

    9月9日 (日) 9:30-11:30

    法文学部棟各教室
    WS3:データの海に沈まないために 〜研究と実務の観点から〜
    後藤(多摩大)・中野(島根大)・本田(東工大)
    セッション:理論
    情報格差についての構造分析 劉(創価大)
    情報学的フィールドワークの方法論の実践的考察 藤原(早大)
    社会科学としての統計学における概念規定をめぐって  芳賀(中央大)
    セッション:SNS
    大学生のTwitter使用と社会的比較,及び友人関係満足度との関係 叶(筑波大)
    問題投稿に付帯されるハッシュタグの特徴―売買春を事例として― 吉見(佛教大)
    中高生のオンラインエスノグラフィ:Twitterを利用している吹奏楽部員に着目して 末岡(筑波大)
    セッション:オープンデータ・オープンガバメント2
    自治体におけるルート情報管理公開活用に向けた提案と考察 矢神(名古屋大)
    行政データのオープンデータ化に向けたスマートスピーカーの活用 渡辺(名古屋大)
    地方公共団体における情報セキュリティポリシーの実態調査 中村(会津大)
    セッション:メディア・情報行動情報行動2
    わが国のシステム開発におけるニアショア開発に関する一考察  税所(国士舘大)
    企業におけるIT経営を実践する人材の課題と大学の情報教育の考察 目黒(群馬大)
    民放ネットワークを通じた放送規制の間接的影響:クイズ番組による関西からの情報発信 木下(京都大)

    9月9日 (日) 14:15-16:15

    法文学部棟各教室
    WS4 :地域ITイノベーションと地域産業振興 -島根県・松江市のイノベーション創出政策と地域IT産業への効果-
    須藤(東大)・野田(島根大)・田中(島根大)
    セッション:若年者の情報行動
    青年期女子のネットを介した出会いからみた刹那的人間関係 加藤(金沢大)
    「ネタ」化する自主規制 原田(静岡大)
    小中学生におけるインターネット依存とペアレンタルコントロール 伊藤(群馬大)
    タイ・チェンマイ県の児童・生徒の情報通信メディア環境と情報行動 小田(明治大)
    セッション:数理・データ解析2
    大規模オンライン調査から見た日本のクラウドファンディングの支援者の実態 中村(東京都市大)
    特許から見る研究開発活動と企業価値に関する実証分析 八木(東大)
    訪日中国人観光客の旅行先選択の影響要因分析 劉(東大)
    観光資源の魅力と合理性・直感性に関する研究 権(明治大)
    セッション:オープンデータ・オープンガバメント3
    オープンデータを活用したイベント情報共有プラットフォームの検討 小栗(名古屋大)
    道府県におけるオープンデータへの取り組み実態に関する研究 中野(島根大)
    オープンデータ政策の開始とデータの利用想定の関係 本田(東工大)

    エクスカーション企画・離島テレワークの取組見学

    9月10日 (月) -9月11日 (火)

    「隠岐の島どこでもテレワーク」オフィス見学
    島根県隠岐郡隠岐の島町西町八尾の一7番地1

    概要
    ※大会翌日の9月10日(月)から11日(火)にかけて隠岐の島町の離島テレワークの取組を見学を予定しています。
    ※本企画のお申し込み・詳細については大会(開催校実行委員会)事務局代表)・島根大学 野田哲夫 email: nodat[at]soc.shimane-u.ac.jp までご連絡ください。 [at]をアットマークに変更してください。

    Copyright 2018 社会情報学会(SSI)